カードローンの在籍確認は会社にバレないの?

よほどお財布事情に余裕がない限り、一時的にキャッシングに頼らざるをえないことはないとは限りません。
でも、紹介されたからとか友達が利用していたからという理由で安易に個人を名乗る金融業者さんや無名の会社でお金を借りると、あとで救いようのないほどこわーい事態になることにもなりかねません。
お金の貸借は個人と会社の信用で行われるものですから、ネットで調べるなどして、銀行系や老舗金融業者あたりから借りると、おかしなトラブルに巻き込まれる心配もありません。
お金を借りるのには昔は時間がかかったものです。
それが今では即日というのが増加し、老舗消費者金融や地銀大手などでも最短60分!なんて言うのも普通なんです。
時代は変わりましたね。
牛丼のように業界競争が激化した結果とは思えませんし、市場そのものが狭くなり、利便性による集客を目指しているとか、スピード審査&スピード融資が実現したのにはそれなりの業界努力もあるのでしょう。
ただ、多忙な勤労世代にとっては本当に有難いことです。
ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。
次月の支払額が大変なことになっていてカードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。
そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。
最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、コツコツためていたお金を出させることになってしまいました。
これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。
カードローンやキャッシングを申し込むと、在籍確認といって職場に勤務している実態があるかどうか、確認の電話をかけてくる場合があります。
私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、キャッシングだなと気づく人がいるかもしれません。
いつ、どこでその話がもれないとも限らず、不安でしょう。
そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで審査を済ませてくれるカード会社も最近は出てきています。
大手ほどしっかり対応してくれるようで、知られたくないと相談すると、在籍確認の電話をせずに会社や組合の名前が入った保険証などで済ませられるようです。
自分の場合は何が必要なのか問い合わせてみると良いと思います。

銀行カードローン家族にバレない?必見裏ワザ!【内緒でできる方法は?】