意外な看護師の仕事って?

修学旅行やツアーなどに出席し、緊急対応として怪我や病気の手当てや病院を探す看護師もいます。
主婦として子供を育てながら働いている人は土日の待遇が優遇されていたり、日勤のみの職場を最終的なゴールにしているものです。
病院以外の所で働くには、その場にふさわしい専門の知識を自分のものにしている認定看護師や専門看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。
病院に向かうとどんどん患者さんがくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。
チャチャっとしていたり、大声で名前を呼んだり、患者さんに説明したりなどと、この仕事は、しっかりしていなければできないとても大変な職種だと思います。
ただし、その分、やりがいがある仕事だと思いました。
どんな仕事でも、業界用語があるものです。
任務をスムーズにこなすためなどの理由でその職にしか使えない言葉が発展しています。
看護士でも同じようにその職にしか、使えない言葉が使用されています。
一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使って会話しています。
看護師が病院や医療施設などで勤務する時、配属先がとても重要な要素です。
同じ医療施設でも任命される診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。
自分が希望する仕事が割り当てられたなら何もトラブルは発生しませんが、得意ではないと感じている配属先だと仕事をなかなか理解できない事例も考えられます。
私が看護師になりたいと憧れるようになったきっかけは、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える患者さんの補佐をする事に、仕事のやりがいを見出しているからです。
私もその昔入院中に、病院で、看護師さんに助けてもらい、この先は私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと決意しています。