毛抜きで脇毛処理は危険?埋没毛にならない脱毛方法は?

毛抜きによる脇毛処理はもっとも手軽な方法ですが、肌が強く引っ張られて、抜いた後が鳥肌のようにボツボツと残ってしまいがちです。
また、「埋没毛(まいぼつもう)」といって、抜くときに切れた毛が皮膚の下で成長する場合があります。
そこでムリヤリ埋没毛を皮膚の下から引き出し抜こうとすると、抜いたあとが汚くなります。
埋没毛になるのを防ぐには、丁寧に脇毛処理を行うことです。
すでに抜きあとがボツボツと残ってしまっていたり、埋没毛になってしまっている場合には、スクラブなどで肌の表面をマッサージしながら、古い角質を落とすという方法があります。
しかし、その場合もこすり過ぎにご注意ください。
時間をかけて治していくことが大切です。