住宅ローン借り換えで担保は必要?

担保とは、新規住宅ローンや借り換えなど銀行などの金融機関から融資を受ける際に、万が一、債務者(借り手)が返済できなくなった時に返済の代わりするために確保しておくものです。
債務者は債権者(金融機関)に担保を提出することでその後の支払い義務を免除されることになり、通常、不動産や住宅を購入する際は、その物件が担保になり抵当権が設定されます。
このように抵当権は、債権者が融資の対象となる物件に対して設定する担保権のことです。
返済期間中に債務不履行などのトラブルが無い限りは担保物件は債務者が使用できますが、債務不履行の場合は債権者は担保物件を売却して自分の債権の弁済に充てることができます。
抵当権は同じ物件に複数設定することができます。
この場合、最初に融資を受けた銀行に「1番抵当権」借り換えの融資を受ける銀行に「2番抵当権」というように、設定した順番で優先順位が決まります。
新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】