自営業の住宅ローン、借入のポイントは?

自営業の住宅ローンは、借入れが難しいというイメージがあります。
これは、事業を運営していく上で、一般サラリーマンよりも多額の負債を負うリスクが高いことや、返済に必要な安定した収入が得られるか職種や、世の中の動向に左右されることによります。
さらに、個人事業主の場合には、節税のため出来るだけ必要経費を多く計上したり、収入が多くなりそうなときにあわせて大きく設備投資したりして、見かけ上の利益が少なくなるように調整している場合があります。
そんな場合には、赤字ギリギリな申告をしていることもあるでしょう。
すると、返済に必要なだけの収入がないと判断されてしまいます。
無理な投資を避けて、3年続けて同レベルの一定以上の収入を示せるように準備しましょう。
頭金も重要です。
自営業で住宅ローン審査に通るには?【頭金・年収の基準が甘い銀行!】