住宅ローン金利の基準金利とは?

住宅ローン金利の基準金利とは、表面に出している金利のことです。
主に店舗型の金融機関は人や紹介先によって差をつけるために表に基準金利を出して、最大何パーセントの金利優遇という表示の仕方をする場合が多くなっています。
借り入れする人の属性や借入比率などによって住宅ローン金利の優遇幅を決める形にして、同じ土俵で比較して銀行同士の金利競争の消耗戦になるのを少しでも和らげるために、人によって優遇金利を決めます。
そのもとになるのが基準金利ということになります。
実際は基準金利でしか借り入れできない人がどのくらいいるかはわかりませんが、実際は少しでも優遇できるケースが多いと思います。
それでお得感をだして借りてもらうということです。
住宅ローンを金利一覧で比較!2017年は金利が上がる?【フラット35】